スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ポチッと応援お願いします♪m(_ _)m
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ 

--年--月--日 | スポンサー広告 | TOP

出産の時のこと

前回の記事のタイトルを
「出産までのこと」に変更しました。

こちらが出産の時のこと。


----


1回目の交配から60日目を出産予定日として、
エコーやレントゲンの予定をたてました。

ところが
予定日を過ぎても兆候が現れず。



先生がレントゲンを見た感じ
もしかしたら2回目のときに受精かもね。
とのことだったので、
もう少し様子をみることになりました。

通っている病院では
夜間救急病院と提携しています。

モモの先生を含め、熱い志を持ったいくつかの病院の先生たちで作ったそうです。

なので夜間でも何かあったら
夜間救急に連絡すれば話が通じるようにしてもらってました。

ところがところが、、、
数日待ってもいっこうに兆候が現れず。
体温下がってこない。

1回目の交配から64日、
2回目の交配から62日目の夕方、
先生と電話で相談して
一晩何も起こらなかったら朝病院に連れていくことになりました。

結果、何事もなく…
朝一で病院に連れて行き、預けてきました。

これから陣痛を起こす薬をうって、
それによって自然分娩でいくか、
帝王切開になるか。
全て先生にお任せして家に帰りました。


そして


午後になって病院から連絡が入り
帝王切開で産まれたこと、
モモも無事なこと、
生まれたこは女の子なこと
などを確認して夕方迎えに行きました。

特に何も言われなかったので
無事に産まれたもんだと思っていたのだけど、
先生からの話によると、

かりんは仮死状態で産まれてきたとのことでした。

長くお腹にいたせいで
お腹の中で呼吸を始めてしまっていたようで
肺に羊水がたまってしまい
なかなか蘇生出来なかったそうです。

帝王切開ではまだ命を落としたことがないという先生でも
さすがにもうダメかもしれないと思ったそうですが
諦めずにマッサージを続けてくれたおかげで
かりんは今元気にビックに(笑)育ってくれてます。

この話を聞いたときは
手が震えるほどドキドキしました。

せっかく助かった命を無駄にするわけにはいかない!って思いで
母乳の出ないモモに代わってミルク母役を頑張りましたが
たっぷり飲ませ過ぎたみたいで
再診の度、大きく成長したかりんをみて
先生方はビックリしてます(^_^;)


生まれた当日、
陣痛もなく帝王切開で産んだモモは
当然のことながら

このチッサイの誰?ナニモノ?

てな感じで育児拒否でしたが
産んだ自覚が無いのだから育児拒否と言うのもかわいそうだけど

無理やりおっぱいを吸わせていたら
だんだんと母性が芽生えて
すっかりしっかりお母さんしてます。





途中から母乳も出るようになって
かりんは更にビックサイズに成長中!(^_^;)

↓ポチッと応援お願いします♪m(_ _)m
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ 

2012年10月12日 | 出産・育児 | コメント 0件 | TB 0件 | TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。